小規模事業者にはコンテンツマーケティングしかないっ!

こんにちは。
創業25年を超えたトータル山本です。

今回は、ホームページがうまく活用できていないという経営者様の向けた記事になります。
むやみにお金をかけるのではなく、SNSを無駄に始めるのではない堅実な実践方法のご案内です。

あなたのホームページは役に立っているのか?

あなたのホームページ、役に立っていますか?
または、まだ持っていない方はいませんか?

自慢じゃありませんが、私はここ20年、まったく「営業」とか「接待」などは行っておりません。
だって、ホームページから仕事が自然に入ってくるのですから、その必要がないのです。

もちろん、そうなったのは涙ぐましいチャレンジと、多くの失敗を繰り返した結果であり、自然にそうなったのではありません。

さんな私から見て、現在、多くの企業や店舗さんがホームページやSNSを利用して、集客や販売に繋げようと努力していますが、空回りしているところが多いように見受けられます。

例えば・・・

  • ホームページを持たず、SNSだけで情報発信している
  • お金をかけてホームページを作ったが、その後更新していない
  • 自分の商品のことばかり話している
  • 自分の商品と関係ないことばかり話している
  • 広告をまったくかけていない
  • 広告だけかけて効果がないと嘆いている
  • などなど

非常にもったいない!

ネットに情報が溢れ、良い商品やサービスも溢れている現在、「信用」を獲得することがとても大切なのです。

そして、この「信用」を獲得するためには、「ブランディング」が必須となります。
つまり、どんなに広告を出しても、どんなに高額なホームページを作っても、どんなにインスタに投稿しても、この「ブランディング」ができていなければ、穴の空いたバケツに水を汲んでいるようなもの。

これぞ、ザ・空回り。

この空回りを防ぎ、Web上でブランディングを比較的容易にしてくれる手法、それが「コンテンツマーケティング」なのです。

あなたのお客様にとって、有益な情報=コンテンツを発信し拡散をする。
そして、コンテンツを整理してまとめていく。

これを繰り返し行うことで、あなたのブランド力が高まってくるのです。

お客様のためになる情報などを発信し続けることで、「買ってくれー」とか「来てくれー」と押し売りすることなく、あなたのお客様は自然に増えてくるのです。

ブランド力やコンテンツ力が無いまま、広告をいくら出したところで、全く信用されず、反応率は低いまま。
広告を掛けても、SNSを投稿しても、垂れ流し状態となります。

また、広告だけに頼ることは、結局資本力のあるところには勝てません。
つまり、単純な広告合戦では、広告費を多く払えるところが勝つのが現実です。

小規模事業者が、広告合戦をしては廃業間近です。

さあ、今すぐコンテンツマーケティングをスタートして、あなたのブランドを確立し、信用を獲得してくださ

コンテンツマーケティングには動画が必須の時代に

さて、小規模事業者さんには「コンテンツマーケティング」しか生き残る道はない(大袈裟?)ということは、なんとなく分かっていただけたでしょうか?

しかし、そんな「唯一」のマーケティング手法ですから、最近では多くの企業やお店さんが導入し始めているのも事実。
実はすでに、コンテンツマーケティグvsコンテンツマーケティングという構図になっているのです。

そこで、私は「動画」を活用したコンテンツマーケティングを小規模事業者様におすすめしています。

もはや、小規模事業者さんと、この「動画」を使ったコンテンツマーケティングは切っても切れないと思っています。
その理由は長くなりますので、下の動画を御覧ください。

少々長い動画でしたが、「動画」が小規模事業者さんのマーケティングに必須な理由をなんとなくでも分かってもらえたら幸いです。

実績紹介

長野ベリーファーム株式会社様

長野県長野市にある、トマトといちごの農業法人です。
2019年9月の台風19号の被災により、ビニールハウスの半分が壊滅。

現在も復旧作業をしながら、残ったハウスで栽培をつづけていらっしゃいます。

被災後、私が代表となってクラウドファンディングを開催させていただきました。

結果、1カ月ほどの短期間でしたが、120万円超のご支援をいただくことができました。

これは、オウンドメディアとSNS、双方のメディアを運用してきた、長野ベリーファームさんだからこそ得られた結果です。

薪ストーブ専門店「プレジール様」

長野県東御市の山の頂上付近にある薪ストーブ屋さんです。
決して用事がなければ通ることのない住宅地。自宅兼の事務所で営業しています。

ネット集客と口コミのみで、営業やオフライン広告は行ってないそうです。

Google検索順位は以下の通り(2020年7月現在:シークレットモード)

  • 東御市 薪ストーブ 1位 Googleマイビジネスも1位
  • 長野県 薪ストーブ 2位 
  • 長野 薪ストーブ 3位 
  • 長野市 薪ストーブ 9位
  • 上田市 薪ストーブ 9位

長野県で薪ストーブ屋さんを探す人の多くが、このプレジールさんを知ることになります。
プレジールの社長さんが頑張って更新していることが最大の勝因ですが、オウンドメディアがあればこその結果と言えます。

最後に

コンテンツマーケティングのお陰で、ようやく「本物」が生き残れる時代になったのです。
小手先のSEO対策やSNS投稿では生き残れない時代の到来です。

もちろん、資金があるなら膨大な広告宣伝をすれば、売上は上がるでしょう。
しかし、品質の伴わない商品やサービスは、たちどころに白日のもとにさらされて終焉を迎えるでしょう。

コンテンツマーケティングで「ウソ」をつくことはできないのです。

今まで、口八丁で荒稼ぎしてきた中身のない商品やサービスには、決してできないこと。
それが「コンテンツマーケティング」なのです。

あなたの取り扱っている商品、サービスが、しっかりとした良い商品、サービスであるなら、是非コンテンツマーケティングを取り入れて頂き、実践していただきたいと思います。

合同会社ジェイラインでは、コンテンツマーケティングを実践するためのツールとサポートを提供しております。

これからコンテンツマーケティングを始めたいけど、何から手を付けていいかわからない方は是非ご検討下さい。

Follow me!