今年もGoogle様から卓上カレンダーをお送りいただきました。
そこに書かれていたキャッチコピー「デジタルの力を、日本中のすべての人に。」が目に留まり、それはいったいいつのことなのかと考えてみました。

私のまわりの中高年経営者さんにも、ようやくスマホは市民権を得たようですが、じゃー自分のお店や会社のwebサイトやFacebookページ、ブログなど持っているかと尋ねると、半数以上が「うちはそんなレベルじゃないから」という理解困難な回答が返ってきます。

逆に、webで仕事をしているなんて言うと、かなりの確率で差別的とまでは言いませんが、色眼鏡で見られることは多々あり、座ってるだけで稼げるんだからいいよねーなどと、陶芸アーティスト系のおっさんから言われたこともあります。

いやいや、あっんただって座って創作してるんじゃないんかい!^^; ってか、中の仕事は外の仕事に劣るのでしょうか?

誰かが言っていたのだけれど、やはり世代交代が進まない限り、イノベーションが全世代へ普及するのは難しいという意見に賛同いたします。

ただ、デジタルの世界に身を置く身としましては、Googleさんの活動を応援したいと思います。